event

大阪で働き盛り100人を対象にした腸内フローラの研究を開始

日時

2017/11/1~2022/3/31

場所

大阪

大阪で働き盛り100人を対象にした腸内フローラの研究を開始

2017年11月1日より、健康ラボステーションと医薬基盤・健康・栄養研究所による

「生活習慣と常在微生物叢に関する研究」が始まりました。

~研究内容~
腸内細菌などの常在微生物叢や生活習慣と健康(疾患)の関連性を明らかにすることを目的とし、主に大阪で働く100人を対象に2022年までの約5年にわたって実施されます。

~実施内容~
・食事や運動などの生活習慣の聞き取り
・健診の情報に加え、採血・唾液採取、採便による口腔内や腸内などの常在微生物叢の調査
・骨密度や体成分分析、筋力などの健康チェック

この5年にわたる研究を経て、将来的には生活習慣や体内のフローラを改善することで、新たな疾患の予防法や健康法を開発することを目指しています。

 

10月28日には研究に先立ち、参加者向けの事前説明会が行われました。

   

今回の研究内容に関する説明だけでなく、腸内細菌の仕組みと身体に与える影響についての講義も行われました。

参加者には測定データ解析後、ご自身がどのような腸内細菌のタイプか、栄養摂取状況や身体活動状況を分かりやすいグラフや表でフィードバックされます。

 

11月3日には、第1回目の計測が実施され、共同研究が本格的にスタートしました。

   

測定項目には、疲労度測定や体の焦げ付き度を測る「糖化度測定」も行われるなど、健康診断では測ることのない珍しい測定も!

 

まだ研究は始まったばかり・・・私たちもどんなデータが得られるか楽しみです^^

今後の研究の進捗は、HPにてお伝えいたします!